人気ブログランキング |

イギリスから

4日前からロンドンに来ています。
エンジェルのカナル沿いの部屋からは、立派なビーチの木が2本、
丸いボンボンのような丸い実をいっぱいつけて、風に揺れているのが見えます。
今朝のイーグル埠頭を渡る風は少し冷たいです。

さて、先日のバッチフラワーのシンポジウム2010 では
いろいろな出会いを頂き、ありがとうございました。
「バッチフラワーレメディと現代社会」というテーマに相応しく
シンポジウムの中では、さまざまな問題定義と、そこにまつわる、
あまりにも人間的な恐怖や不安といった、
現代社会が抱えている本質的な課題が浮き彫りにされて
非常に興味深い内容となりました。
何をやっていても、観ても、聞いても、考えても、
本質的なものと、非本質的なものを
見極める力を育てていくことが必要だと、つくづく感じるこのごろ。
情報過多であることも含めて、なんとも惑いの多い現代でしょう。

そして、改めて、感情というものに焦点を当てていく
バッチフラワーのヒーリングシステムが、
いかに普遍的で、本質的であるかを再確認しました。

私は、10月下旬までイギリスに滞在していますが
11月からスタートする、愛知の2つのPTTコースは
すでに開講を決定しています。ぜひこの機会に、出来るだけ多くの方に
バッチフラワーの世界を、ご紹介できたらと願っています。

ご参加をお待ちしています。
詳細はこちら
http://home.att.ne.jp/moon/kreuz/bach/index1.htm
お問い合わせはこちらまで
kreuz@zaa.att.ne.jp

by kreuz7 | 2010-10-09 18:25 | お知らせ