ちょっと前の夜のことです。
ヤフーのGyao!で、見逃していた映画
「誰も知らない」を観ました。

巣鴨子ども置き去り事件(1988)が題材の映画です。
2004年のカンヌ映画祭で、その時の審査員長のタランティーノ監督が
主演の柳楽優弥くんの表情が頭から離れないと
史上最年少の14歳、日本人初の主演男優賞を獲得しました。

程度の差はあっても、大人になれない大人
子どもでいさせてもらえない子どもたちは
今も増え続け、ごく普通の生活をしているつもりの
わたしたち誰もが、「誰も知らない」のだと思うと
やりきれない気持ちになります。

翌朝、キッチンに立つと、
メチャクチャ猛烈に何かを作りたくなりました。

ドアを開けると、美味しい匂いのするホーム。
心を込めて作られた食事、家族で囲む食卓
そんな風景は、もう当たり前ではないのでしょうか。

おいしいね、と言い合って食べると人は幸せになる。
幸せになるスコーンです。

プレーンなもの、ブルーベリーをいれたり、クルミをいれたり
これはお芋さんを入れています。
ほっこりと甘い匂いに、お腹が満たされて
自然に笑顔が生まれます。

スィートポテトのスコーン
c0195369_16374032.jpg


【材料】

(A) 薄力粉 250g ベーキングパウダー 大1

バター50g
サツマイモ 150g
卵 1個
きび砂糖 大2
ヨーグルト50㏄
牛乳 50cc
 
【作り方】

1. 粉類(A)はまとめてビニール袋に入れ、よく振っておく。
   そこへ1cm角くらいに切った冷たいバターを入れて、
   指でもみ込みサラサラの生地を作る。
2. サツマイモは皮をむき一口大に切ってひたひたの水で茹でる。
   柔らかくなったら水気を切り、フォークでつぶす。
3. ボールに卵を割りほぐし、きびざとう、ヨーグルト、牛乳を混ぜて
  2を加え、1と合わせてこねて、ひとまとめにする。
4. 台に打ち粉をしてめん棒で2cmくらいの厚さに伸ばしたら、
   小さめのグラスなどで円形に型抜きする。四角や三角に切ってもOK
5. フォークでピケして、230℃に温めたオーブンで15分ほど焼けば出来上がり。

ビニール袋の中でこねて、伸ばすのもビニール袋の上から。
汚れ物も少なく、簡単にできます。
プレーンなスコーンはさらに手間いらず。
生地の感じは牛乳の量を加減してね。

バターを乗せて、アツアツを、さあ召し上がれ!!
[PR]
by kreuz7 | 2014-04-14 16:36 | 幸せのレシピ

キャロットケーキ

この季節の楽しみは、
なんといっても、香り高いフレッシュハーブティー
毎朝、庭に出て、レモンバームやアップルミント、
ペパーミントの葉を摘み、ガラスのポットにお湯を注げば、
鮮やかな緑と香りに身も心も澄んだ気分になります。

そんな時に一緒に食べたいのが、キャロットケーキ
柔らかく甘い春にんじんで、バターを使わずヘルシーに作ります。

使う食器は、これまたこの季節にぴったりの
英国アンティークの矢車草のカップ&ソーサーで。
作り方は、例のごとくいとも簡単、ぜひお試しあれ!

キャロットケーキ
c0195369_17325338.jpg


【材料】18㎝×18㎝ 角形
(A)
薄力粉 120g
ベーキングパウダー 小1と1/2
シナモンパウダー 小1/2

にんじんすりおろし 130~150g(たっぷり入れたい)
卵 2個
きび砂糖 大5
菜種油 50cc (なければサラダオイルでも)
 
【作り方】
1.粉類(A)は全部まとめてビニール袋に入れ、よく振っておく。
2.ボールに卵を割りほぐし、泡だて器で砂糖、オイルを加えながらよく混ぜる
3.よく振っておいた粉類を2に加えてゴムべらにかえてさっくり混ぜ合わせる。
  粉気が消えたらすりおろしにんじんを加えて練らないように混ぜる。
4.型に流し、170℃のオーブンで40分焼く
5.粗熱が取れたら、切り分けてパウダーシュガーをさっと振掛ける

洗い物も少なく手間いらず。技も時間もかかりません。
必要なのは、おいしいものをおいしく食べようという心意気のみ。
[PR]
by kreuz7 | 2013-06-07 00:16 | 幸せのレシピ

アイリッシュブレッド

子どもたちが小さい頃はしょっちゅう焼いていたのに
いつしか自分のレシピから抜け落ちてしまい
とんと焼かなくなっていたある日、
友人から、柚子とカシューナッツを入れて焼いたのをもらい、
わぁ~おいしそう!レシピ教えてというと
あなたから教えてもらったのよって言われてしまいました(^^ゞ

そうでした、そうでした。

初めて買った堀井和子さんのレシピ本にあったもの。
素朴な焼き上がり、外はカリッとしてるのに、中はしっとり
ヨーグルトの風味がとても優しい。
油を一切使わないので、とてもヘルシー

午前のコースはどうしてもお昼にかかるので
これを出すと、みんな大喜び。
レーズンだけでなく、いろいろと入れてみても。

でも、私はシンプルに焼いて、バターを塗った上に、
リンゴのコンポートを乗っけて食べるのが好き。

材料さえ計っておけば、オーブンに入れるまでの
所要時間は10分もかからない、超簡単。
おまけにすっごくおいしいくて
こんな簡単とは思えないほど、見た目もなかなか♪

アイリッシュ・ソーダ・ブレッド
c0195369_0531897.jpg

【材料】
レーズン 大4
(A) 薄力粉 250g、
ベーキングパウダー 小1/2、ベーキングソーダ(重曹) 小1
(B) プレーンヨーグルト250cc 砂糖 大1、 塩 小1/2  

【作り方】
1.レーズンは湯通しして水気をきっておく
2.粉類(A)は全部合わせてふるっておく
3.ボールに(B)を全部入れてよく混ぜたら、ふるった(A)とレーズンを加え
  さっとひとまとめにする。
4.打ち粉(分量外)をした台に取り出し
  こねすぎないようにして、大きく手を動かしながら丸くまとめる。
4.天板に乗せて、カッターで十文字に切込みを軽く入れる
5.190℃で30分くらい焼いたら出来上がり。
c0195369_0531993.jpg

[PR]
by kreuz7 | 2013-05-26 00:53 | 幸せのレシピ

チョコレートブラウニー

4月からスタートしたPTTコースも
残すところ、あと2回となりました。
ちょっと淋しい...デス

毎回、講座が終わったら、ちょっとひとやすみ
ハートの牧野さんが
美味しいハーブティを用意してくれます。

そこで私は朝から焼いたお菓子を
切り分けて、みなさんでいただきます。

4回目のお菓子はチョコレートブラウニー
ある持ち寄りのパーティで
いただいたブラウニーが余りに美味しかったので
思わずおねだりして教えてもらったレシピです。

トッピングの明治のチョコベビーがご愛嬌。
でも、製菓用のチョコを使うより
食感もお味も私は好きなの。

c0195369_002496.jpg

c0195369_002621.jpg

【材料】
20㎝×20㎝角形1個分
板チョコ 210g (ブラックチョコ3枚)
明治チョコベビー 2個
無塩バター 80g
卵 2個
ブラウンシュガー 40g
薄力粉  50g
クルミ  80g

【作り方】
1. オーブンを180度にセットし、クルミを刻んでおく
2. ボウルに刻んだチョコレートとバターを入れて湯煎にかけて溶かす
3. 卵を溶いて加え、泡だて器で混ぜる
4. ブラウンシュガーを加えて混ぜた後、
   ふるっておいた薄力粉も加えて軽く混ぜる
5. チョコベビーの2/3量とクルミを加え混ぜ、用意した型に流す 
  表面に残りのチョコベビーを散し、180度で30分ほど焼く

あっという間に出来上がり、超簡単の手間いらず。
私のコースに参加する人は、間違いなく1回は
このブラウニーを食べさせられます(^_^;)
[PR]
by kreuz7 | 2013-05-21 00:00 | 幸せのレシピ

主役にはなれないけれど、
食べやすさも手伝って
次々と手が出る人気のスティックバー

黒砂糖の粒々が程よいアクセントでしょ。
先日のレベル3でも、あっという間になくなって
うれしいかぎりでした。

私の長女と、同じ年、同じ名前という
不思議な巡りあわせの方からもらったレシピです。
ありがと(^^)

シンプル&ヘルシースティックバー

【材料】
(A) 地粉 170g 黒砂糖 30g 塩 小1/3
(B) 水 50cc 菜種油 大3
【作り方】
1.材料A.B をボールに入れ、手早く混ぜてまとめる(こねすぎないように)
2.生地を3mm厚さに伸ばしたら、フォークでピケして棒状に切る
3.170℃に温めたオーブンで、20~25分こんがり焼く

私は(A)をビニール袋に入れてよく振った後、
その中へ(B)を少しずつ落としながら全体をなじませます

粉気がなくなったらビニール袋の上から麺棒で伸ばし
ビニール袋を割いて、生地をオーブンペーパーの上に移し
あとはピケと切り目を入れて、オーブンへ入れて待つこと20分

ほらこのとおり!あっという間に出来上がり
洗い物はスプーンだけという楽ちんさ
c0195369_23171751.jpg

菜種油をオリーブオイルにかえてもコクがあっておいしい
[PR]
by kreuz7 | 2012-12-05 23:28 | 幸せのレシピ

ドイツ風アップルケーキ

コンサルテーションや講座で
人をお迎えするときには
できるだけ、お菓子をつくることにしています。
だって、人は誰でも
おいしいものを食べると、ちょっぴり幸せになれるでしょ。

といっても、素人の私に難しいものはムリ。
手早くできるもの、
季節を感じるもの、
普通に材料がそろうもの、
極端に好き嫌いを問わないもの、

というわけで、クロイツの幸せのレシピ登場です。

まずはドイツ風アップルケーキ
「堀井和子さんのレシピ」のアレンジです。

子どもたちが小さいころから、
何度焼いたことでしょう。
リンゴが店頭に並び始めたら
真っ先に焼きたくなるのがこのケーキです。

超簡単、超おいしい、ホールで出せば
超アッと言わせられること、間違いなし!!
食べてくれる人がいるって、なんて幸せなことかしら。
c0195369_2224387.jpg
材料 
(A)薄力粉 100g、BP 小1(合わせてふるっておく)
(B)卵 2個、 キビ砂糖 大3、 溶かしバター 60g、 ラム酒 大1
(C)紅玉 2個 (フジでも、ツガルでも) グラニュー糖、シナモン 各少々

作り方
1.(B)の卵をボールに割りいれ、泡だて器でほぐす。キビ砂糖、溶かしバター、ラム酒を順に加えてよく混ぜたら、ふるっておいた(A)を入れてさっくり混ぜる。紙を敷いた型か耐熱パイ皿に流しいれる。

2.(C)のりんごは皮と芯を取り、12等分のくし形に切る。1.の生地の上に放射状に並べたら、グラニュー糖、シナモンを振り、170℃位で50分ほど焼く。

あとは仕上げに愛をさりげなく、ほんの適量ふりかけて、
はい、できあがり!
c0195369_22441383.jpg
ちょっと焼きすぎましたね~
[PR]
by kreuz7 | 2012-11-17 22:34 | 幸せのレシピ