今日は好い天気だ

12月も、残り少なくなりました。

このひとつき、晴天もあれば

冷たい雨がそぼ降る日もあり、

目覚めたら、真っ白な雪景色の朝もあり、

恐ろしげな夕焼けが西の空を染めた日もありました。



中旬、講師研修で出かけた伊豆高原では

夜、近くの温泉に行った帰り道、

見上げると、満天の星

幾つもの流れ星

あゝ、なんていい一年だったろう。


c0195369_8434625.jpg

名古屋へ帰る新幹線の、車窓から見た絵のような風景、

今日は富士山もご機嫌だ!!



「あゝ今日は好い天気だ」

と、

中也の詩を真似て

つぶやく朝です。
[PR]
by kreuz7 | 2014-12-23 08:52 | 四季の風景

イギリスの光と風

ロンドンに来て3日目です。

今日はカナル沿いの道を歩いていて
ホワイトチェストナットの花が咲いているのを
初めて見ました。
大きな葉のなかにすっと立ち上がった
白い花はまるで燭台のようです。

とても大きな太い木なので、びっくりしました。

ちょうど日本を発つ日、
バスの中から、レッドチェストナットの
赤い花が咲いているのを見かけましたが
木の太さも大きさも比べようもないほどです。


それにしても、寒いです。

でも、気温の割には日照時間が長いので
不思議な感覚です。
この光の薄さが、どんなふうに
バッチフラワーの誕生と繋がったのでしょう。

もし、イギリスが
さんさんとあふれるほど
太陽が豊かだったら
ひょっとすると
バッチフラワーは生まれてこなかったのではないかしら
と思ったりします。


待ち望んだ春、
貴重な太陽の光の下で
咲く花々は
きっと南国のものとは
異なる意味を持つでしょう。

不足であること。

これは、とても重要なことです。

不足を抱いていることにより

何かが必要になるからです。


カナルに漣が立っています。

窓越しに見えるビーチの木には
ボンボンがぶら下がったようにみえる花が揺れています。
[PR]
by kreuz7 | 2012-05-21 02:13 | 四季の風景

今年はどんな一年に

ようこそクロイツへ

クロイツ・バッチフラワーインフォメーションでは、
バッチフラワーに関する情報
愛知県で開催するPTTコースの開催スケジュールや
コンサルテーションのご案内を、お届けします



新年もはや半月が過ぎました

年が改まっての書き込みが
19日とはちょっと遅すぎですが
昨秋からの流れが途切れずに日が過ぎています。

まあ、節分が過ぎたら
今年は目指しましょう。
ぼちぼちと。

かなしみはちからに

欲(ほ)りはいつくしみに

いかりは智慧に

みちびかれるべし  ―宮澤賢治

c0195369_116184.jpg
年末に家族で泊った知多の海辺のホテルから
眼前に広がる伊勢湾の夕映えに言葉をなくして
[PR]
by kreuz7 | 2012-01-19 01:16 | 四季の風景

野にあるがままの佇まい

人の手は必要最小限しか入っていないのかも。

一見、ほったらかしのようにも見える。

ここは植物や虫や

太陽や風が美しくつながって循環している。

c0195369_21501658.jpg

チコリーとルピナスが入り乱れて咲いています。


c0195369_21405227.jpg

足元にはセントリー


c0195369_21553193.jpg

ロックローズも花盛り、光り輝く黄色です


c0195369_21473728.jpg

4年前、秋の初めに来た時とちがって
今回は薔薇のアーチが見事です。

過去のエントリーと比べると
季節の違いがそこはかとなくわかりますね
http://kreuz7.exblog.jp/16434737/
                             つづく
[PR]
by kreuz7 | 2011-07-21 21:58 | 四季の風景

さあ、いよいよ出発

旅のスタートは、パディントン駅です。

c0195369_21163296.jpg


ここから小1時間で
ディドコットパークウェイへ

c0195369_21293232.jpg



あとはタクシーに分乗して15分


さあ、着きましたよ。

c0195369_2132013.jpg


                       つづく
[PR]
by kreuz7 | 2011-07-21 21:32 | 四季の風景

フランスのお話は、パーソナルブログのほうに書くとして...

オフィシャルブログだから
バッチセンター訪問のことはこっちに書こう。
なんといっても、私たち
BFRPにとって、バッチセンターは
大本山のようなものだから。


パリ~ロワールと
夢見心地の旅を終え、ロンドンへ戻って、
娘のフラットに泊っていたけれど
明日からのツアー参加のため
ラッセルスクエアーのホテルへ移動。

カナル沿いの道を歩いていると
向こう岸に白鳥の親子がいた。

c0195369_20504335.jpg


赤ちゃんたち、大きいけど、まだ灰色。

c0195369_20523878.jpg



今日はとてもよく晴れて、暑いくらい。
でも、風が気持ちいいので、バスに乗っていく。


夕方にはサオダ先生と講師、プラクティショナー一行のお着き~~♪

イギリスはサマータイムの季節。
夜9時半を過ぎるとやっと日暮れてくる。


明日はいよいよバッチセンターだ。
楽しみ、楽しみ。
[PR]
by kreuz7 | 2011-07-21 21:12 | 四季の風景

帰国しました

c0195369_015074.jpg


ロワール川流域のアンボワーズで
泊ったシャトーホテル

すご~いロマンチックでしょ!

まるでお姫様気分でした。


帰ってくればすでに梅雨も明け

酷暑の日本

それにしても、

空気が水でできている?

パクパク・・・泳いでいる気分です。

旅の後半、イギリスのお天気は不安定で

コートが手放せませんでした。

これまた嘘のよう。
[PR]
by kreuz7 | 2011-07-15 00:13 | 四季の風景

旅の第1幕はフランス

ロンドンに到着し、長女のフラットで体調を整えたあと
彼女と2人、ユーロスターでフランスへの短い旅をしてきました。

フランスは35年振りです。

向こう見ずだった頃の自分を、時折思い出しながら
サンジェルマンデプレのプチホテルに1泊したあと
ロワールへ...モンパルナス駅からTGVであっという間に
ツールへ、その昔、この街を訪れたのは
1976年の暮れでした。

年が明けて、ユースホステルのダイニングで
見ず知らずの若者達と
ボンナンネ!と片言のフランス語で
新年の挨拶を交わしたものです。

今回のロワール地方の宿は
思いっきり贅沢なシャトーホテルです。
(でもパリのホテルよりは安い)
小川が流れる広大な敷地、
ロマンチックな壁紙と天蓋つきのベッド
パンの焼ける匂いで目覚め
優雅な古城めぐり。。。


画像を載せたいけど、うまく取り込めないので
帰ってからにとっておきます。

小さなハプニングと
数え切れないラッキーに守られて
無事にロンドンへ戻ってきました。

カナル沿いのフラットについて
長女の発した言葉

フランスのシャトーではないけれど
この場所こそが私のシャトーだわ!!(笑)


今日の午後には
バッチセンターでの研修ツアーのメンバーが
日本から到着。私も合流します。

明日はいよいよバッチセンター訪問です。
花々の咲き乱れるバッチセンターでの研修。
ちょっと緊張、、、すごく楽しみ。

今日のロンドンは快晴 気温は24度、湿度28%
風もなく、カナルの水面はまるで舐めたようになめらかです。
[PR]
by kreuz7 | 2011-07-04 19:03 | 四季の風景